フロアコーティングで後悔しないコツ!プロの業者選び方法

大切なマイホームを取得した後、きれいな状態に長く住みたい方は多くいると思います。その中に面積が広く占めるフローリングが汚れや擦れキズがある場合は、お家のイメージが大きく変わります。また、十分にリラックスできるために家に裸足する人が増えているようですね。足裏の皮脂や汗線のせいで床がべたべたになり、汚れやすくなってしまいます。

いつもきれいなままに維持したいフローリングを保護するために、ワックスやフロアコーティングを施工したい人は多いと思います。昔はワックスの方が人気がありましたが、最近では保護性、美観性、耐久性がより優秀なフロアコーティングが流行っています。ワックスとフロアコーティングの違いはこちらをクリック!

さらに、床を長期間きれいに保てるフロアコーティングは新築住居のみならず居住済みの住宅にも施工が可能です。

フロアコーティングの抗菌効果~
コロナウィルス変異株への効果が期待される

フローリングをコーティングすることで床を保護できます。チタンコーティング(酸化チタン光触媒)や銀コーティングがさらに抗菌作用もあり、裸足派や赤ちゃん・ペットがいる家族に対しても安心感を持たせます。

東京大学の間陽子特任教授による、光触媒技術が新型コロナウイルスの感染性を検出限界以下まで消失させることが実証できました。

引用)東京大学大学院農学生命科学研究科·農学部
https://www.yomiuri.co.jp/komachiplus/vote/20190304-OYT8T50021/

 

 

 

 

 

 

フロアコーティング施工直後に後悔した理由

一方、経験の少ない業者に依頼してしまうと、トラブルの原因になります。一度コーティングをすると剥がすことが不可能のため、問題が起こった場合は床の張替になるリスクがございます。
ここでは、後悔や失敗なくフロアコーティングできるために業者を選ぶためコツを紹介していきます。
・品質が悪い
早期にコーティングが剝がれてしまった
・お掃除が大変になった
床すべり止めのためにシリコンコーティングをしたが、ホコリが付きやすくなり、いつもきれいな
状態に維持することが大変
・仕上がりが汚い
ゴミが混入したやコーティング剤のムラが目立つ
・対応が遅い・悪い
施工日当日に床材を見て、施工ができないと言われた。
・アフターフォローがない
仕上がりや品質が良くないのに、対応が遅かったり、補修してくれない

 

後悔しないフロアコーティングのポイント

事前にサンプルを請求し、実際の品質をチェックできるか
コーティング溶剤の効果を詳しく教わり、
 メリット/デメリットを把握させるか

メールだけではなく、実際に電話や対面で担当者と話してくれるか
施工前に床材の情報や注意点を細かく聞いてくるか
過去の施工事例/お客さんの声を公開しているか
保証の期間、範囲、流れなど一連のアフターフォローを詳しく
 説明するか

費用の見積もりをはっきり説明するか

 

 

まとめ
フロアコーティング業者は数多くありますが、失敗しないように業者を選択することが大切になります。優良業者を見極めるコツは大きく3つに分けられます:
①誠意的な接し方
②施工事例などの開示
③高品質の溶剤
この3点を押さえていればフロアコーティングをしたことに後悔しないです。
フロアコーティングはフロアコーティング専門店Glationグラシオンにお任せください。
全国エリアの施工実績、ご要望、ご予算、艶感などお客様のお好みに合うフロアコーティングを10種類の中から専任プランナーがご案内いたします。満足いただけるように案内、施工、フォローさせていただきます。
Glationフロアコーティングの料金一覧